株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

「障害者雇用と定着支援」

https://ameblo.jp/un-petit-pas2017/entry-12381840837.html

「障害者雇用と定着支援」

入社して、そろそろ3ヶ月になる精神3級(うつ)の方のお話しです。

上司から「最初の3ヶ月は会社に慣れることを優先し、特に担当業務は持たず人事総務部の社員の皆さんのアシスタントとしてスポットの仕事をお願いしますね。誰がどんな仕事をしているのか、そこから社内をゆっくり把握して下さい。」と指示を頂いていますが仕事量が少なく 上司や周囲の社員さんへ「何か、お手伝いできることありますか?」と声を掛けて頑張っています。


以前は一般・健常者として人事・総務の仕事をバリバリやっていたのですが、働き過ぎたことと一部の人間関係で苦しまれたことでメンタル不調となりました。それで手帳を取得し服薬治療を続けながらも、約10年は手帳を開示せず一般枠で頑張っていました。しかし40代になった機会に「無理をしないで手帳・障害を開示し、適切な配慮や障害の理解があるところで定年まで安心した働きたい」とアンプティパ・大畑の支援を受けて障害者枠で転職されました。

その方が「仕事が少ないのは、私が評価されてないからでしょうか?」「このまま担当業務が無いと、契約の更新はされないのでは?」と不安・心配を大畑へ連絡相談されることが最近増えてきました。大畑からは「上司の方や会社側が、この入社1,2ヶ月をどう評価されているか?たぶん問題は無いと思うけど、大畑から確認してみますね」とお話して 実際に会社へ訪問し直属の上司の方や人事部の方と面談して参りました。

この方への評価は もちろん問題なく「この調子で続けて頂ければ近々に担当業務の割り振りも予定してます。」とのことでした。そして、会社側からもご本人へ面談の時間を取って説明をして下さいました。
それから1週間が過ぎたころ「まだ担当業務の引継ぎが無いのは、やはり私が期待外れだからでしょうか?」と大畑へ相談がありました。

「この不安・心配が拭えないのは自分がメンタル不調だから」と考えて頓服の服薬を増やしたり、大畑へ相談をしているけれど 上司には「何か、お仕事ありますか?」と尋ねることはできても「まだ担当業務の引継ぎは無いのですか?とは聞けない…。
私は、どうしたら良いのでしょうか?」という相談が、昨夜のことでした。

この方が入社された会社は 大畑が前職の時から懇意にしている古いお客様で、人事も直属の上司の方も良く知っています。緊密に連携支援ができるうえに 採用した社員を決して見放さない会社です。その面では安心しているのですが「この方の不安・心配」を解消するために エージェント=社外の支援担当として何ができるのか?
今まで何度も経験していることですが、状況は常に変化しており、パターン化した対応マニュアルなどは最適な支援ではないと肝に銘じて、これからも寄り添って行きたいと思っています。
理論やマニュアル勉強しつつ、実践で経験・ノウハウも積み上げながら、当事者同士(障害者、支援者、雇用者)でそれが共有できるネットワークを作ります。


#障がい者 #障害者 #障害者手帳 #身体障害者 #精神障害者 #障害者雇用 #障害者求人
#障害者採用 #障害者転職 #障害者就労

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る