株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

【これからの時期に増える障害者求人(その2)】

毎年 行政指導に絡み、夏の終わりから障害者求人が増えることを
先週の記事で説明しました。

実際のところ求人は増えるのか?
暫くの間、ハローワーク・インターネットサービス より、「障害者求人:東京:フルタイム」のキーワードで抽出して、確認してみます。



障害者求人動向のチェック1回目の今回は、9/1(日)時点のWEBサイト情報より、お盆明け=8/19(月)から8月末=8/30(金)までのデータを確認します。

お盆明け、8月19日にハローワークが受理した障害者求人:東京:フルタイムの求人は10件です。

その後は月末まで日々の求人件数が減少傾向なので、まだ求人増加のトレンドが見えていません。

この2週間(8/19~8/30)の新規求人62件のうち目立った求人は、「公務」が6件、レストラン経営企業1社が6件(6ポジション)、家事代行会社が5件(5ポジション)でした。

法定雇用人数に一定数・未達企業へのハローワーク指導は、8/19から始まっているので、おそらく9/2(月)から求人が増えると思います。法定雇用人数に対する未達数が多い会社ほど、1社で複数の求人(ポジション)か、1つの求人(ポジション)で5名とか複数の採用を行うことが多いです。「1社あたりの求人件数や採用人数が多い会社は、数が多いほど、未達数が多く、ハローワークから強く注意指導をされている」と考えることが出来ます。

求人件数や採用人数が多い会社は、採用ハードルを下げてでも、一定数を年末までに採用しなくてはなりません。そうしないと年明け1月から次の段階の行政指導=雇用計画書作成命令(2カ年計画書)が発令されるので、応募したら内定を貰いやすいとも言えます。ただ、そもそも法律で義務化されている障害者雇用を行っていない=障害への理解、配慮が行き届かない会社である可能性も大きいです。

応募する会社が「どんな会社で、自分が入社したら、どんな職場で、どんな社員さんと、どんな仕事を行うのか?」をしっかり確認をして、可能であれば職場見学、実習を行ってから入社するのは必須です。それを一人で行う就職活動では大変と思われたら、弊社・アンプティパへお問い合わせ下さい。面接対策も合せて支援致します!



【詳細問い合わせ】

アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら 就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。

面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。
アンプティパサイト:https://un-petit-pas.co.jp/
無料登録:https://un-petit-pas.co.jp/entry/

「 障がい者の働き方を全力でサポートします!」

 

#障がい者 #障害者 #障害者手帳 #身体障害者
#精神障害者 #障害者雇用 #障害者求人
#障害者採用 #障害者転職 #障害者就労

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る