株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

姫野 桂さん × 東京中小企業家同友会

7月26日(金)市ヶ谷の東京中小企業家同友会にて、
フリーライターの姫野 桂さんを講師にお迎えし、7月例会の講演をして頂きました。
テーマは「なぜ社員が会社とかみ合わないか?」です。

https://www.facebook.com/kei.himeno.3



講演の目的は、発達障害の社員あるいはグレーゾーンの社員を会社で活かせないのは、発達障害&グレーゾーンに知識・理解の無い社長の責任であることに気づくことです。いつもの例会は20名ぐらいの参加人数なのですが、今回は会議室・満席の65名が参加となり、同友会の会員外の参加も複数あり、大変な盛況でした。



同友会の例会は、講演の後にグループ討議が必ずあります。
今回の討議テーマは「どうすれば個人の特性に合った能力を引き出せるか?」で、私はFグループ長として先輩経営者の方々や障害者支援の専門家の方々と討議を行いました。Fグループには、お子様が発達障害の診断をされている社長や、発達の方だけでなく様々な障害を持つ社員さんを雇用されている社長や、自社の社員さんに病院へ行くことを勧めたら障害が分かったことで社員さんが自ら退職したいと辞められた経験がある社長さんなどがいらして、あっという間に討議時間が終了しました。

ちなみにFグループで討議してまとまった意見を箇条書きにしてみます。

・その人の特性(障害の有無と関係なく)を正しく知り、特性に合う業務・合わない業務を会社・上司が考えることと。

・本人に得意な仕事・苦手な仕事を、安心して話せる環境を用意することが大事である。

・会社として当人の特性に合った業務で本人が好きな仕事を用意できるならば、その為の努力を惜しむことはしないが、特性に合った業務や好きな仕事を用意できない場合で、本人が無理は出来ないと言う場合は、自社での雇用継続が本人の為にならない=転職されることも肯定される。



同友会の多くの社長が、発達障害や他の障害についても積極的に学び、受け入れる準備・心構えをされていること、嬉しい限りです! 姫野さん、ありがとうございました。



【アンプティパへの詳細問い合わせ】

アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら 就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。

面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。
アンプティパサイト:https://un-petit-pas.co.jp/
無料登録:https://un-petit-pas.co.jp/entry/

「 障がい者の働き方を全力でサポートします!」

#障がい者 #障害者 #障害者手帳 #身体障害者
#精神障害者 #障害者雇用 #障害者求人
#障害者採用 #障害者転職 #障害者就労

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る