株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

景気と雇用求人、東京2020と採用面接

10月から、帝京大学冲永総合研究所(霞ヶ関キャンパス)「経理・財務事務科」:求職者支援訓練(ハロートレーニング)の講座が始まりました。
今回も講師陣の一人として加わり、「経理・財務の転職活動最前線」の講義を先日行いました。





1.日本の景気はこれから悪くなる。



2.既に求人件数の減少が始まっている。



3.とはいえ、まだ求人の絶対数は多い。



4.平成27年以降、この5年間は、男女とも入職率は低下し続け、離職率は上昇し続けているが、離職率が入職率を越えたのは、平成21年の男性のみ(リーマンショックの時)続けている。



5.平成30年は、女性とくにパートで働く25~29歳、35~44歳の女性は10%前後の入職率の景気がよかった。



6.ネットや電車ではエージェントの広告が大量に掲載されているのにもかかわらず、就職・転職の際、民間の人材サービス(エージェント)を利用した人は、全体の5%のみ。



(参考:主な用語の定義)

これらは、障害者も健常者も、全てを含んだ統計データなので、あくまで総論であり、一人一人の求職者個人の条件(年齢、性別、学歴、職歴、障害内容など)で、就職・転職の難易度は大きく変わります。

ただ景気が悪くなる兆候は、先行指数の低下、求人数の減少、失業者の増加など、はっきり出始めています。転職・就職活動を行うならば、来年よりも今年の内に動き始める方が良いと言えます。更に東京に限って言うならば、来年の夏、オリンピック・パラリンピックが開催される7月~9月には、都心の多くの会社で、在宅勤務やサテライト勤務、リモートワークを積極的に行うことで、社員が都心のオフィスに通勤しない状況が発生します。

つまり来年の7月~9月の時期、都心の会社では採用面接が実施し難いことが予想されます。来年の4月以降・新年度に入って就職・転職活動を始めて、来年の秋には新しい会社でスタートをしよう!と思っても、来年の夏は、東京の企業に限っては、採用面接の調整が滞る可能性があることを想定して、個人側も、早めに動くことを検討した方が良いと思います。

【詳細問い合わせ】
アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら 就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。
面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。

アンプティパサイト
無料登録サイト

お悩みやご相談などお気軽にお問い合わせください。

「 障がい者の働き方を全力でサポートします! 」

 

#障がい者 #障害者 #障害者手帳 #身体障害者
#精神障害者 #障害者雇用 #障害者求人
#障害者採用 #障害者転職 #障害者就労
#セミナー #講師 #帝京大学冲永総合研究所 #転職活動最前線

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る