株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

障害者雇用問題、政府がメール通報窓口を設置

障害者雇用問題、政府がメール通報窓口を設置しました。

メール受付期間は10月中に報告書を提出するために短期間の受付となったようです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01335.html

https://www.asahi.com/articles/ASL9F5FHQL9FULFA01X.html

長期間に渡り、多くのお役所で前任者から「1年に1回しか障害者雇用数をカウントしない」という事務作業を引き継ぎ続けた結果、これが「不適切な事務では?」と気づいていた担当者が果たしてどれだけいたのでしょうか。

恐らく多くの担当者は、深く考えることなく前任者から引き継いだ通り「1年に1回だけ数字の報告」を繰り返してきたと推測できます。この担当者の方々は別段、不適切な作業をしていた自覚も無かったのではないか?と思うと、この「メール通報窓口」に連絡をする内部通報者が果たしてどのくらいいるのかと疑問に感じます。

原因究明を進める検証委員会も悪くは無いのですが、今回は良い機会なので、ぜひ次の観点でも検証を進めて欲しいです。

1.民間企業2.2%の法定雇用義務に対して、国・地方公共団体等2.5%、都道府県等の教育委員会2.4%という法定雇用率の数字の根拠

2.どんなに長くても5年未満で雇い止めとなる有期雇用が多いようなので、その実態の調査となぜ雇い止めにするのか?その理由のヒアリング

3.国・地方公共団体等で障害者雇用されている全ての方へ、担当業務と支払われている給与金額、および満足度のヒアリング

国、地方公共団体等、および教育委員会に対して、障害者雇用の義務を課する是非はさておき、現在の法定雇用義務は数字だけが独り歩きしています。
「働く障害者の一人一人の働き甲斐やライフプランに目を向けているのか?」と感じることが多々あります。
これから3千数百名分の求人が発生する中央省庁で、長く、安心して働くことが出来るのでしょうか?

アンプティパに登録される方々は、老若男女 障害種類も様々ですが、皆さんに共通して「長く安心して働きたい」という希望をお持ちです。それは弊社・アンプティパの理念でもあります。せっかく3千数百名の障害者採用を霞が関で改めるならば、ぜひとも雇い止め規定の無い やりがいのある仕事で新規雇用を希望します。

 

#障がい者 #障害者 #障害者手帳 #身体障害者 #精神障害者 #障害者雇用 #障害者求人
#障害者採用 #障害者転職 #障害者就労

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る