株式会社アンプティパ

障がい者の働き方をサポートします

障害者の求人・転職・就職・採用はアンプティパ

  • 就職支援
  • 人材紹介
  • 雇用支援

NEWS

新着情報/採用・求人情報

障害者雇用支援月間(毎年9月)

毎年9月は障害者雇用支援月間です。
ポスターや障害者を雇用している事業所、障害を持ちながら働く人の表彰などのイベントが開催されます。これらの華やかな企画とは別に、障害者法定雇用率・人数の不足が著しい法人へハローワークからの指導が本格的に始まる時期でもあります。

官公庁の雇用水増し問題が発覚したことで、指導に何らかの影響があるのかもしれませんが、今のところ例年通りハローワークの障害者求人が増え始めています。その中に例年であれば見かけない官公庁関連の求人も加わり、より一層求人数が増えているように思います。

求人が増え、一時的に採用される障害者が増えても懸念はあります。環境を整備しないままの拙速な採用が増えることにより 採用された人が「明日も頑張ろう」「この職場で長く働きたい」思えず、1年もしないうちに退職する人が増えることが心配です。

9月に入って新規の転職相談で面談した男性は、東京大学の工学部と大学院を卒業し化学メーカーに就職し10年を越えて勤務。パワハラで鬱症状が酷くなり退職し、精神障害者保健福祉手帳を取得。その後、障害者採用で金融庁に丸1年勤務するも あまりにも仕事が少なく、あったとしてもコピー用紙の補充などで「もう少し自分が役に立っていると実感できる仕事に就きたく退職した」とのことでした。

今回の水増し問題が発覚する今年の夏前に退職された方でしたが、理系エンジニアとしての経験を金融庁の障害者雇用で活かすことは困難だったとしても、エクセルでマクロを組みデータの収集から分析まで出来る彼の経験スキルをデータが山ほどありそうな金融庁・霞が関本庁で活かすこと無く、自己都合退職をさせている金融庁。新聞記事によると、水増しは0名なので、しっかり障害者雇用を行っている数少ない省庁と見えるのですが・・・その内実・実態は、どうなのでしょうか。 https://mainichi.jp/articles/20180828/k00/00e/040/231000c

アンプティパは、働く意欲のある一人ひとりの個人の希望や条件を、直接会って、じっくり伺い、その人が安心して働き続けることが出来る仕事・職場を探します。

【詳細問い合わせ】

アンプティパでは多数、障がい者(障害者)のための求人をご用意しています。
無料登録いただきましたら 就職・転職に関するご相談をじっくり伺います。

面接準備、就職まで丁寧に支援させていただきます。
アンプティパサイト:https://un-petit-pas.co.jp/
無料登録:https://un-petit-pas.co.jp/entry/

お悩みやご相談などお気軽にお問い合わせください。

 

< 新着・採用・求人情報/ニュース一覧へ戻る